読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lowlowlow!

質の高い記事なんて書けないですっ!

野球選手だった清原が覚醒剤で逮捕された!芸能人はシャブ中毒ばかり!

 現在はプロ野球解説者とかタレント業などを営んでいる清原和博容疑者ですが、ずーっと前から覚醒剤をやっているのではないかという噂はありましたよね。

チャゲアスの飛鳥がシャブで逮捕された時も「次は清原だ!」と思っていた人は多かったと思います。

清原和博の行動や言動を見ていると、元プロ野球選手というよりも「ヤクザ」「暴力団」と言った方がシックリとくる感じだったのですが今回の逮捕によってそれが間違いでなかったと実感しましたね。

自宅に0.1㌘の覚醒剤を隠し持っていたということですが、誰かから警察にタレコミがあったことが捜査のきっかけだったようです。

しかしこれだけ噂が多かったのに、なぜ今回の逮捕までにこれほどの時間がかかってしまったのでしょうか? 

清原和博が覚醒剤で逮捕!

 あらためて説明する必要はないかもしれませんが、2016年2月2日にプロ野球選手だった清原和博が覚醒剤所持で逮捕されましたね。

昔にテレビ番組に出演した時には「(シャブとか覚醒剤とか薬物を)打ったことは無い」と発言していたのですが、それは嘘だったようです。

自宅に隠し持っていた覚醒剤に関しては自分のものだと認めているようですので、今後は入手筋に調査の手が入りますが・・・もしかしたら芋づる式でタレントや芸能人が逮捕されるようなことになるかもしれませんね。

清原逮捕までに時間が必要だった理由

 それにしても清原が薬物をやっていることは・・・見る人が見れば直ぐにわかってしまうような状態だったようです。

チャゲアスの飛鳥の時も同じで、同じ薬物中毒者から見るとテレビに出てる芸能人がシャブ中毒なのかどうかは簡単に判別できるそうです。

そういう意味では数年前に逮捕してても良かったようなものですけども・・・実は警察は清原の逮捕に興味があったわけではないようなのです。

警察の本当の狙いは薬の入手ルートで、どうも新宿歌舞伎町での現行犯逮捕を狙っていたようなのです。

シッカリした証拠を掴むために清原を泳がせていたということなのでしょうね。

過去に覚醒剤をやったプロ野球選手

 さて、過去にもプロ野球選手が逮捕されたことは多くありましたが・・・覚醒剤や薬物でとなるとそれほど多くはないようです。

それでも探せば、2006年に野村貴仁が各星座取締法違反で逮捕されていますね。

そして有名なのが1993年の江夏豊だと思いますが、たまにテレビで見かけることがありますよね。

こんな奴をテレビに出演させるから誰もテレビを信じなくなるし見なくもなるのです。

江夏は更生して野球界に復帰したといいますが、もしかしたら江夏豊のラインで清原に薬物が流れた可能性も否定はできないですよね。

覚醒剤の疑いや逮捕された芸能人

 さて、シャブ中毒になっているのは野球選手だけではありませんね。芸能人やタレントや歌手や役者などなど、過去にも多くの逮捕者が出てきていましたよね。

そこで薬物で「逮捕された」もしくは「逮捕されそう」な有名人をピックアップしてみることにしました!

  • CHAGE and ASKAの飛鳥
  • エイベックス松浦勝人
  • 長渕剛
  • ガクト
  • 酒井法子
  • 押尾学
  • 清水健太郎
  • 田代まさし
  • 小向美奈子

どうでしょうか?

覚醒剤などの薬物中毒は再犯率が凄く高い犯罪ですので、すでに捕まっている人でも再び犯罪に手を染める可能性が高いのです。

また噂されている有名人の場合でも、一時期は身の危険を感じて辞めてしまったりするかもしれませんが・・・ほとぼりが冷めればキメますので最後は逮捕されてしまうことでしょう。 

清原と覚醒剤まとめ

今回は「野球選手だった清原が覚醒剤で逮捕された!芸能人はシャブ中毒ばかり!」という内容でしたが、過去にどんなに輝かしい成績を残しても最後は犯罪者となってしまう人が続出するのはなぜなのでしょうか?

一因としては「金」なのでしょうけども、暴力団やヤクザは金の匂いのするところに寄ってくるのですね。

プロ野球が金になるとわかれば擦り寄ってきますし、相撲が人気だとなれば角界に近寄ってきます。これは小室哲哉が売れていたJ-POPの時代でも同様ですね。

テレビに出てタレント業などをしていれば人気が出て金持ちになるのでしょうけども、その金に暴力団などが目をつけるわけです。

そして皆、シャブ中にさせられてしまうわけですね。

有名人とか芸能人の方は注意が必要ですよね。