読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lowlowlow!

質の高い記事なんて書けないですっ!

パナマ文章に記載されてる加藤六月の娘「加藤康子」と、その夫「マイケルマーナー」って誰?

 パナマ文章にはタックスヘイブンを利用していた日本人の名前が多く記載されているのですが、パナマ文章を分析した結果・・・加藤康子という人が代表取締役をしている会社の名前が出てきたのです。

そこで問題になるのが「加藤康子」って誰よ・・・ということなのですが、実は内閣官房参与という地位の人だったのですね。さらに加藤康子さんは歳経済評論家でもありましたのでパナマを利用した脱税に近い資産の移動に大きな注目が集まっているのです。

パナマ文章には「東京個別指導学院」の名前が記されていたようですが、加藤康子の会社の住所と略称が記載されていたわけで・・・どう考えても繋がりがあると思われているのですが、加藤氏は「心当たりがない」と答えているようです。

こんな不思議な事があるものかと思いましたので、今回は内閣官房参与である加藤康子さんと彼女の会社と東京個別指導学院について少し調べてみることにいたしました。 

加藤康子とは?加藤康子の会社とは?

 加藤康子のプロフィールを調べてみたところ・・・

  • 父親は加藤六月(農林水産大臣や国土庁長官を務めた)
  • 学歴は慶応大学文学部卒業、ハーバード大学ケネディスクール修士課程修了
  • トランスパシフィックエデュケーションネットワークという会社の副社長(もしくは社長)
  • 世界遺産登録推進協議会へコーディネーターとして参加
  • 夫は不明とされながらもカナダ人のマイケルマーナーと結婚している可能性あり

このようなプロフィールですが、結婚していれば普通はウィキペディアなどに記載されているハズなのですが・・・なぜかネット上の噂としてしか夫であるマイケルマーナーさんの名前は出てきていませんね。

そして加藤康子の会社である「トランスパシフィックエデュケーションネットワーク」とはどのような会社なのかを調べてみたところ・・・輸入ドレスやブライダルグッズを扱う輸入業者が実態のようですね。

一応は楽天市場にも出店しているようで、トランスパシフィックエデュケーションネットワークの代表者の名前にはシッカリと「加藤康子」の名前が記載されています。

今回のスクープを簡単に説明してみると・・・パナマ文章に名前があった東京個別指導学院の連絡先や住所が、加藤康子が代表を務める「トランスパシフィックエデュケーションネットワーク」になっていたということになりますね。

パナマに不正送金されていたお金は10億円を軽く超える金額だったということですが、そのような大金を扱える会社とも思えないのですけどね。怪しいですね。

加藤康子の父親である加藤六月とは?

 加藤康子の父親である加藤六月とはどのような人物なのでしょうか?

ウィキペディアで調べてみると・・・過去に北海道開発庁長官や農林水産大臣を経験した政治家ということですが、田中角栄時代のロッキード事件では疑惑を持たれていたようで、リクルート事件においても政治工作疑惑が浮上していた怪しい人物という印象が強いようです。

この2人を調べていると加藤勝信という名前が出てくるのですが、この加藤勝信さんは加藤六月の秘書をしていたみたいですね。そしてその父親は日野自動車の副社長。

さらに、加藤康子と加藤勝信は婚約していたようですが・・・加藤康子がハーバード大学に留学したためにご破算になった経緯があるようです。最終的には加藤勝信は加藤康子の妹(加藤六月の娘)と結婚したようですが・・・どう考えても政略結婚といった感じですよね。

面白いのが加藤六月の葬式の時の葬儀委員長なのですが、その役目は安倍晋三が引き受けていたという噂です。きな臭いですよね。

加藤康子の夫であるマイケルマーナーとは誰?

 パナマ文章と関係性があるとされる加藤康子ですが、夫はカナダ人のマイケルマーナーということですが・・・どうしてウィキペディアには記載されていないのでしょうか?

そして肝心のマイケルマーナーですが、もともとは投資家のようで・・・妻である康子ちゃんとトランスパシフィックエデュケーションネットワークを設立したということなのでしょうね。

そして面白いのは、トランスパシフィックエデュケーションネットワークの社員には自民党参議院候補である「山本さちこ」が在籍しているようで、この「山本さちこ」の父親は自民党で建設事務次官を努めていた山本幸雄とのこと。

どうにも怪しい関係があるとしか思えない繋がりですよね。

加藤六月と加藤康子とマイケルマーナーまとめ

今回は【パナマ文章に記載されてる加藤六月の娘「加藤康子」と、その夫「マイケルマーナー」って誰?】という内容でしたが、今後もパナマ文章によって黒い影のある人物が炙りだされることになるのでしょうが・・・その第一陣が加藤康子だったということなのでしょう。

それにしても、加藤六月といい加藤勝信といい、安倍晋三との繋がりはどう考えてもブラックですよね。

さらにマイケルマーナーや山本さちこなどの名前も怪しい匂いがしてきそうな人物ですから。

今後はマスコミも「トランスパシフィックエデュケーションネットワーク」や「東京個別指導学院」について調べて報道すると思いますが・・・パナマに置いてある10億のお金は誰のものなのでしょうか?

東京個別指導学院のものであれば、いったい誰がパナマに取りにいくのでしょうかね?

興味深いところですね。