読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lowlowlow!

質の高い記事なんて書けないですっ!

雨宮まみの死因や死亡原因で自殺の噂、病気で死去の可能性も薬物ではない?

 作家である雨宮まみが死亡したことについて様々な憶測が流れていますね。

作家でありエッセイストでありライターでもあった雨宮まみ(40歳)の代表作としては「女子をこじらせて」「女の子よ銃を取れ」「まじめに生きるって損ですか?」などがありますが、どのタイトルを見ても病んでいる女を感じさせるものであるのは間違いないですよね。

雨宮まみの死因については、大和書房が「15日に自宅での事故で死亡」と発表しているのですが・・・どんな事故で死んだのか気になるってものですよね。

ネットの噂では「自殺では?」「大麻や覚醒剤での急性薬物中毒?」「脳梗塞とか心筋梗塞などの病気?」という意見が多く見られましたね。

もともと別名義でエロい小説なども書いていましたので・・・何か悩むことがあった可能性もありますよね。 

雨宮まみ死去の死因や死亡原因は?

 雨宮まみが死去したことによって多くの噂が飛び交っているのはご存知でしょうか?

死因が自宅での事故となっていますので、単純に病気か自殺の可能性が高いのは推測できますよね。

普通に暮らしている人であれば「脳梗塞」「心筋梗塞」などの死因が普通に頭に思い浮かぶのですが・・・死亡したのが小説家やエッセイストとなれば「自殺」である可能性も高いと思っちゃいますよね。

雨宮まみ自身は容姿端麗で顔も整っているタイプなのですが、もともとは官能小説や性風俗関係のライターであったことが意外に感じられる人が多いのではないでしょうか?

明治大学出身と推測されていますが、その大学時代を本人は「暗黒時代」と述べていたということで心が病んでいた可能性もあります。

その後は性風俗雑誌などを出版する会社へ就職するも「こじらせ女子」で大人気作家となってしまった経緯があります。

今回の雨宮まみ死亡事故の死因は病気とも言われていますが、多くの人が「自殺」と考えているかもしれないですよね。

そもそも鬱病とか精神病だった可能性も高いくて、それを感じさせるのが・・・彼女のブログで「死にたくなる夜のこと」というポエムが連載されていたことが挙げられます。

もともとは作家でありエッセイストでありますから・・・ブログでの創作活動とも受け取れるのですがね。

雨宮まみの経歴を調べてみると・・・数年内に大きな失恋を経験していたことも影響しているのかもしれないですよね。

雨宮まみと自殺と病気まとめ

今回は「雨宮まみの死因や死亡原因で自殺の噂、病気で死去の可能性も薬物ではない?」ということでしたが、才能のある作家には繊細な人が多いので・・・死亡する原因に自殺が多いような気がするのは私だけでしょうか?

また、鬱病や精神病の人の死因には自殺が多いことから・・・雨宮まみは病気だったと結論付ける人もいるかもしれません。

ちなみに雨宮まみの作品の中には・・・

  • 40歳になったら死のうと思っていた。
  • 死にたくなる夜のこと。
  • 死んでもいいですか?
  • 薬を飲んで寝ようとして
  • 眠れなかったり
  • 苦しいまま過ごす

このようなフレーズが多く登場してきます。

このことから、恐らくは不眠症だったのではないかと推測できるわけですね。

本当の死因は分からないのですが・・・40歳ピッタリで亡くなったことを考えると死去の原因は「自殺」と考える人がいても不思議ではないですよね。

ただ自殺方法が睡眠剤とかの薬物を使ったものである可能性は高いと思われます。その一方で「覚醒剤」「合成麻薬」「大麻」「シャブ」などを使った感じは無さそうではありますよね。

「有名作家が大麻中毒」という報道もありますので・・・やはり芸能人や作家というのはストレスが多い仕事なのでしょうね。