読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lowlowlow!

質の高い記事なんて書けないですっ!

チャゲ&飛鳥のASKAが覚せい剤でまた逮捕!2chやブログで否定するも尿検査陽性

チャゲ&飛鳥のASKAの本名は「宮崎重明」といいますが、現在は58歳です。

このASKAこと宮崎重明が麻薬や覚せい剤で逮捕されるのは3度目となるのですが、執行猶予中に逮捕されたことから「どうなる?」という声が多いみたいですね。

今回の逮捕については不思議な点もあって・・・ASUKA(飛鳥)が自分で警察に電話したことや、ブログで否定したり2chに降臨したりしていることが意味不明な部分となっています。

飛鳥(ASKA)が覚醒剤で再逮捕されたことによって、テレビやネットでは「次に薬物で捕まる芸能人や有名人は誰?」と大騒ぎになっていますね。 

飛鳥(ASKA)が覚せい剤で再逮捕

 飛鳥が覚せい剤を使って逮捕および再逮捕されるのは不思議でも何でもないのですが・・・今回は自分から警察に電話を掛けたというのが不可解ですよね。

警官が現場に到着したところ、ASKAは「ろれつ」が回っておらず「盗撮されている」と意味不明の言葉を発していたとのこと。

その後、警察が尿検査をしたところ薬物の反応が陽性だったことから逮捕する方針になったようです。

飛鳥(ASUKA)は以前にもMDMAなどの合成麻薬を使って懲役3年を食らっていたのですが、今回は執行猶予中に捕まったことになるのですね。

執行猶予中の逮捕だと今後どうなる?

 執行猶予中に犯罪を重ねてしまって逮捕された場合は、飛鳥(ASKA)は今後どうなるのでしょうか?

普通に考えれば実刑は免れないとなるのでしょうけども・・・情緒酌量の余地は無いと思うのですけどね。

ASKAはブログで否定?2chに降臨?

自ら警察に連絡して、意味不明な発言をして・・・尿検査で陽性反応なんてバカげた話しですよね。

それだけ薬物の影響でラリっていたということなのでしょうが、尿検査の後から飛鳥(ASKA)はブログを更新して逮捕されたことや尿検査の事を否定していたようなのです。

ちなみに投稿したブログの内容は・・・

はいはい、皆さん落ち着いて。

僕から被害届を出したのでフライングのニュースです。

というものです。この内容から既に意味不明ですよね。

さらに、飛鳥は逮捕直前まで2chに書き込みしていたという噂も出ていて・・・2ちゃんでは「本人降臨」と騒ぎになっていたとのこと。

幻覚や幻聴が出たりするところをみると、使用していた薬物は大麻などではなくて覚醒剤なのかなーって感じですね。

しかし、いくらブログなどで否定したとしても薬物検査で結果が出てしまっては言い逃れできないですよね。

以前からブログの中では「栩内香澄美は冤罪」とか「自分は精神病院に入院した」などと書き込んでいましたから錯乱状態というか精神病だった可能性はありますよね。

「逮捕は誤報」と自身のブログに書き込んだのも混乱していたんだと思います。

ちなみに、飛鳥(ASKA)本人が薬物使用を否定するのには理由があって・・・

数年前に使っていたMADAという合成麻薬の副作用によって、飛鳥の大脳が記憶障害になっている可能性があるのです。

薬による記憶障害ですから、麻薬や覚醒剤を使ったという記憶すら消えてしまっているわけですね。だからこそ薬物使用やそれで逮捕されたことも頑なに否定するのです。

飛鳥(ASKA)の次に薬物で逮捕される大物芸能人は誰?

飛鳥(ASKA)が薬物で逮捕されたことによって、次にシャブや大麻で捕まる芸能人は誰かということに注目が集まっています。

清原に続いて俳優の高知東生、高樹沙耶と続けて逮捕されているわけですが・・・自宅で大麻を栽培していた高樹沙耶以外は、薬物の入手ルートが解明されつつあるのです。

シャブ中の有名人や芸能人が誰から薬物を買っているのかが分かれば、次に逮捕される大物芸能人なども簡単に分かるようになるのですね。

問題は「証拠」なのでしょうけども、用心深いヤツはなかなか足を出さない反面・・・飛鳥のようにチョロい芸能人は何度も捕まってしまうことになるわけです。 

ASKAと芸能人の薬物まとめ

今回は「チャゲ&飛鳥のASKAが覚せい剤でまた逮捕!2chやブログで否定するも尿検査陽性」ということでしたけども・・・覚せい剤や大麻などの薬物犯罪は再犯率が60%を超えるほどなんですよね。

だからこそASKAも簡単に再逮捕されるようなことになったわけですが、薬物から抜け出せない理由の一つに「薬物の人間関係」を簡単に断ち切ることができないことが挙げられますね。

本人は止めようと思っていても、せっかくの金づるを見つけた密売人は再び近づいて麻薬を使うように誘導するのです。

芸能人にシャブなどを流す人物を特定できれば・・・次に逮捕される大物も簡単に見つけることができるでしょうね。