読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lowlowlow!

質の高い記事なんて書けないですっ!

次に大麻で逮捕される芸能人は堀江貴文?ホリエモン以外で大麻解禁発言の有名人は誰?

 2016年はコカインや覚醒剤などの薬物で逮捕される有名人が多かったですが、最後に大麻吸引でスクープされた成宮寛貴がゲイとかホモという性癖も暴露されたことが印象深かったですよね。

大麻に関しては7年前から検挙者の数は減っていたのですが、2016年は薬物中毒者が一気に増えたという現実があります。

そのために警察の麻薬取締班における取締りが強化されたことから、芸能人の摘発も多くなっているのだと思いますね。

芸能界には大麻の使用を肯定する発言をする人が多いですが、その中でも2017年に薬物で逮捕されるのではないかと噂されているタレント(大物実業家)として「堀江貴文(ホリエモン)」の名前が挙がってきているみたいですね。 

大麻を肯定している芸能人や有名人は?

 大麻を肯定する発言をしていて逮捕されてしまった芸能人としては・・・元女優の高樹沙耶が記憶に新しいですよね。

薬物を使用していない一般人であれば、大麻やコカインは怖いものだと思っているので・・・肯定するどころか厳罰化を求めるのが普通ですよね。

しかし、芸能人や有名人の中には大麻の使用を認めようと肯定する発言をする人が意外に多いのは知っていましたか?

そこにどのような意図があるのかは知らないですが、とりあえず大麻の使用を認める発言をしている有名人をピックアップしてみたいと思います。

日本人
  • 村上春樹
  • 井上陽水
  • 高樹沙耶
  • 伊勢谷友介
  • 小山田壮平
  • Zeebra(ジブラ・横井英之)
  • 堀江貴文(ほりえたかふみ・ホリエモン)
外国人
  •  オバマ大統領
  • アーノルド・シュワルツネッガー
  • マイケル・ブルームバーグ
  • ジャスティン・ティンバーレイク
  • レディガガ
  • ノラジョーンズ
  • ポールマッカトニー

外国人には大麻を認める発言をする人がまだまだ多くいますが、合法化されている国もありますので日本人と比べてはいけないかもしれないですね。

(注、大麻肯定派の高樹沙耶は既に逮捕されています。)

堀江貴文(ホリエモン)が大麻で逮捕される可能性は?

 堀江貴文(ほりえたかふみ)が次に大麻で逮捕される芸能人や有名人と言われる理由としては、最近の噂に「大物実業家が薬物で逮捕される」というものがあるからなんですね。

ましてホリエモンは大麻を肯定する発言をしていましたし、週刊誌でホモやゲイである疑惑も報道されてしまったことから・・・

2017年に大麻で捕まりそうなタレントとしての最有力候補となっているわけです。

それでは堀江貴文が薬物についてどのような意見を述べていたのかと言うと・・・

「アメリカでは大麻解禁で、使っていいよとなっていて・・・大麻ベンチャー企業が多く出てきている。このままでは日本は置いていかれる。アメリカでは薬物はビジネスなのに、日本は大麻使用者を犯罪者にしてしまっている。法律がおかしい。」

このような事を言っています。

さらにホリエモンは、「道徳的にどうとかよりは、法律を変えてしまえば良いんじゃないですか?」とも発言しています。

この人はいつも考える基準が「金」なわけですが、「道徳的な事よりも」とか「法律を変えて」という言葉を聞いていれば・・・証券取引法違反で過去に逮捕されたことがあるのも納得できますよね。

儲かる方が正義なわけです。道徳的でなくても、法律を破ってでも稼ぐ方が偉いという考え方なのです。

しかし、これは起業家としてや実業家としては当たり前の考え方なのかもしれないのですけどね(笑)

でも犯罪者の言うことを真に受けていたら社会が正しい方向に行かないですよね。

儲かるように法律を変えるというのであれば、銃だって認められるようにするってことでしょ。銃の所持を容認するなんてことは普通の日本人には無い考えですよね。

そういう意味では、大麻を容認する意見を持っている人は・・・少し日本人離れした人なのかもしれないですね。

高樹沙耶の例を見てもわかるとおり・・・吸ったことのある人しか大麻の良さは分からないと思うのです。経験したことが無い人は恐怖心が先に来ますからね。

大麻や薬物を認める発言をするってことは・・・既に中毒者であると語っているようなものではないでしょうか?

しかし海外で吸ってくる分には法律を犯しているとは言えないので、逮捕されるとは言い切れないとも思いますけども。

世界では大麻解禁の動きが!日本でも合法に?

 先程も紹介したようにバラクオバマはマリファナを吸っています。一方でドナルドトランプは大麻どころか酒もタバコも吸わないのだそうで・・・。

昨年末の噂としては、オバマ大統領はマリファナを解禁して合法化するのではとも言われていましたけどね。どちらにしてもフィリピンでの大麻解禁の動きを見てもわかるとおり、世界では大麻解禁の動きが加速しているのは事実でしょう。

それでは日本においてはどうなのかと言えば・・・

カジノが解禁されたということは、次は大麻解禁になる可能性が高いのではないでしょうか?

タイミングとしては東京オリンピックの前が有力ですが、それまでに国民感情を大麻解禁の方向に持っていけるかどうかが難しいところですよね。

しかし日本で薬物が合法になる動きが出るものでしょうかね? 

堀江貴文とホリエモンの薬物疑惑まとめ

今回は「次に大麻で逮捕される芸能人は堀江貴文?ホリエモン以外で大麻解禁発言の有名人は誰?」という内容でしたが・・・いくら世界が大麻の使用を容認したとしても慌てて日本が追従する必要はないのでは?

日本人は今のところ誰も大麻などなくても平穏に生活できているのですからね。

そう考えると、堀江貴文の商業的に薬物を容認するのが良いとする考え方には違和感を感じてしまいますよね。

しかし、もしホリエモンが大麻中毒だったとしたら・・・日本にいながらにして好きなだけ吸えるように世間を動かそうとしている可能性もあるかもしれないですね(笑)

もしくはその動きを利用して儲けようとするでしょう。

次に薬物で逮捕されそうな芸能人や実業家やタレントの噂は多いですが、もしかしたら堀江貴文になる可能性はあるのかもしれないですね。

大麻に関する彼の考えを知ると余計にそう思ってしまいます。