読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

lowlowlow!

質の高い記事なんて書けないですっ!

次に薬物で逮捕されそうな芸能人夫婦や角界の闇番長は誰?覚醒剤?大麻?

 2017年になっても有名人の薬物疑惑が無くなることは無いようで、最近話題になってきているのが「角界の闇番長A」と「男性アイドルユニットのメンバーB」と「シャブの窓口になっている有名人夫婦」と「監督経験のあるプロ野球大物OBの息子」なんですね。

まだまだ覚醒剤中毒やコカイン疑惑のある芸能人はいるのですが、今回はこの中から「角界の闇番長A」と「シャブの窓口芸能人夫婦」が誰なのかを推測してみたいと思います。

逮捕されるかどうかは誰にも分からないのですが、薬の噂が出るということは普段から薬物を使っているからだという考え方もありますからね。

あとは薬の証拠が出るかどうかが捕まる決め手になるのですが・・・さてさて、2017年の1番最初に逮捕される有名人は誰になるのでしょうか? 

シャブの窓口な有名人夫婦は誰?

逮捕はされなかったものの芸能界を引退してしまった成宮寛貴のコカイン疑惑は2016年の最後のビッグニュースとなりましたが、2017年の最初に麻薬取締班に捕まりそうな芸能人は「大物俳優K」と「女優L」の夫婦になるかもしれないですね。

この有名人夫妻は「芸能界での覚醒剤の窓口」と呼ばれていて、薬物を広めたり売ったりする以外にもシャブ抜き方法を教えたりしているのだそうです。

大物俳優Kに関しては尿検査(薬物検査)は陰性だったけれども、昼間から街で暴れたりしている姿が目撃されているとのことで・・・ほとんど中毒状態になっているみたいですね。

さらに女優Lについては、覚醒剤や大麻で逮捕された清原和博や高知東生とも知り合いなんだそうで・・・疑いが晴れることは無さそうです。

ちなみに、大物俳優Kと女優Lがクスリに手を出しているのではないかという事については夕刊紙でも報道されていましたので証拠は押さえられている可能性がありますね。

もし逮捕されるのがこの夫妻でなかったとしたら・・・もう一組怪しいカップルがいて、「俳優M(人気ドラマシリーズ主演」と「有名女優N」の夫婦が捕まる確率が高いでしょう。この夫妻には幼い子供がいて別荘への旅行も頻繁に行っているとのこと。

さて、この有名人夫妻って誰のことなのでしょうか?

薬物で逮捕されそうな角界の闇番長Aは誰?

 スポーツ選手も薬物汚染が進んでいる業界ですが、やはり野球界のトップスターだった清原和博が捕まったことはインパクトが大きかったですよね。

プロ野球界ではグリーニーを使うのが普通になっていたようで、ほとんどの選手が悪気もなく使い始めたのかもしれないですね。しかし途中で危険なクスリだと気がついた選手は止めてしまったのに・・・清原は止められなかったのでしょうね。人気選手と言えども薬物の魔の手から逃れるのは難しいということなのでしょうね。

しかし、2017年は相撲界から覚醒剤による逮捕者が出るかもしれないと言われているのはご存知ですか?

噂では、筋金入りの不良少年だった力士がシンナーを常用していたそうですが・・・この力士は角界の闇番長と呼ばれている「A」とのこと。

薬物で歯がボロボロになってしまったために真っ白な差し歯にしてしまっているそうです。

とりあえず「相撲 不良少年」で検索してみると、千代大海の名前が最初の方に出てきますね。

さらに「千代大海 薬物」で検索すると「麻薬中毒の白鳳・千代大海」という言葉が2chにあることが発見できます。

どうやら薬物検査を受けていなかったのが疑いの目のキッカケとなったようですね。

さらに「千代大海 歯」で探してみると、千代大海の歯が真っ白すぎるのはインプラントだからとも。

そして、千代大海のウェイトトレーニングのコーチは・・・清原のトレーナーだったという情報まで。

でも、いったい誰が覚醒剤やシンナーで捕まる角界の闇番長Aなのかは分からないままでしたけどね(笑) 

覚醒剤で捕まりそうな有名人夫婦や元相撲取りまとめ

今回は「次に薬物で逮捕されそうな芸能人夫婦や角界の闇番長は誰?覚醒剤?大麻?」ということでしたけども・・・あまりにも多くの有名人がクスリに手を出していることから、既に芸能界には薬物の闇ネットワークが出来上がっていることが推測されます。

どうやら清原と繋がりのある人物にターゲットが絞られているようですが、男性アイドルユニットのメンバーである「B」なども間違いなくキメていると噂されていますね。

Bについては、覚せい剤だけでなくコカインやケタミンやマリファナなど全てに手を出していたというので捕まるのも時間の問題でしょうね。

次には「男性アイドルユニット」と「有名人シャブ夫婦」について調べてみたいと思います。

それにしても国技である相撲にまで薬物汚染が進んでしたっていたとは・・・困ったものですよね。