lowlowlow!

質の高い記事なんて書けないですっ!

秀光ビルドに倒産の可能性?欠陥住宅で破産したハウスメーカーはどうなる?

 週刊文春が秀光ビルドの住宅が欠陥だったと報じたことによって、建築途中の施主だけではなくて既に建てた施主にも不安が広がっているようです。

欠陥住宅と言ってもクレームをつければ済むというレベルのものではなくて、秀光ビルドの欠陥問題は基礎などの構造体に手抜きが行われているので建て直すレベルの欠陥が多いのが特徴です。

そもそも建築基準法に違反している建物ですから、最初から認められる構造物ではないわけですから・・・施主に引き渡されること自体が間違っているのです。

いくら格安だったとしても、秀光ビルドのような欠陥住宅を購入してしまったのでは施主の人生すら狂わされる可能性があるわけです。

これでもし秀光ビルドが倒産するようなことがあれば、施主は完全な被害者となってしまいますよね。

これまでにも倒産や破産をしたハウスメーカーは数多くあるのですが、工務店やハウスメーカーが経営破綻してしまったら未完成のマイホームなどはどうなるのでしょうか? 

秀光ビルドの欠陥が表面化!

 秀光ビルドの家は欠陥住宅と週刊文春で報じられましたが、突然に欠陥の家がスクープされたわけではなくて・・・

以前から欠陥や問題が多発していたことが分かっていたようですね。

ローコスト住宅で単価が下げられていることもあり、質の悪い大工が作業しているために施主からのクレームが大量発生していたんだそうです。

しかし秀光ビルドは訴訟に発展する前に補償金で手を打つ作戦だったようで、週刊誌(文春)で報じられるまでは隠し続けることができていたわけですね。

文春がスクープしようと決めたのは、多分・・・秀光ビルドの欠陥がズサン過ぎたからだったことと、数年以内に株式の上場の計画があるような企業の不祥事だったことが考えられますね。

そもそも耐震性に大きな影響を与える基礎や耐力壁についての欠陥は言い訳もできないレベルで、現場監督は何をやっていたのかと責められて当たり前のものなんですからね。

建築基準法違反の建物ということですから、そもそも施主に引き渡せられるレベルの家ではないということですね。秀光ビルドの家は。 

秀光ビルドが倒産する可能性は?

さて、秀光ビルドは年間に300億円近く売り上げるローコスト住宅メーカーだったのですが・・・週刊文春による今回の欠陥住宅報道によって、今後は大幅な売上ダウンが予想されるようになっていますね。

今すぐ秀光ビルドが倒産するということは無いと思いますが、過去には倒産しないと言われていながら破綻してしまったハウスメーカーなどは数多く存在しますので油断はできないと思います。

過去に破産した富士ハウスやアーバンエステートなどの例を見ても・・・会社の人間や営業マンは必ず「大丈夫です!倒産しません。」というわけですね。

しかし、未完成の家を多く残したまま破綻したハウスメーカーなんて数え切れない程あるわけですよ。

倒産するかどうかなんて従業員には知らされていないわけですからね。

今回の秀光ビルドの欠陥住宅問題について考えてみると、今後は莫大な補償金を支払わなければならなくなるうえに・・・文春の記事を読んだ人は「秀光ビルドで買うな」と周囲の人に宣伝してまわることは確実ですからね。

もう誰も秀光ビルドで家を買わなくなってしまうわけですから・・・倒産や破産の可能性は以前よりは上がってしまうことは避けられないでしょうね。

ハウスメーカーが倒産したら、マイホームはどうなる?

 ハウスメーカーが倒産してしまったら、建築中のマイホームはどうなるのでしょうか?

施主としたら「マイホームは完成するのか?」「前払金は帰ってくるのか?」「アフターケアはどうなる?」といった心配が出てくるものですが、過去に倒産したハウスメーカーの例などを調べると悲惨さが良くわかると思いますね。

富士ハウスの場合は、秀光ビルドを超える400億円もの売上げがあった会社ですが・・・結局は破綻してしまいました。

倒産したあとはどうなったかは検索したら良いと思いますが・・・

問題は、絶対安心の住宅メーカーなどないということなんですね。

これはローコスト住宅メーカーだから危ないとか、大手ハウスメーカーだから大丈夫というわけではないという事なのです。

秀光ビルドが破綻するかどうかは今のところ分からないのですが、施主としてはハウスメーカーが破綻した時に備えておかないといけないということなんですね。

そういう意味では、最低限でも「完成保証」と「住宅瑕疵担保責任保険」を扱っている住宅メーカーかどうかを確認することは必須なのです。(書類で確認) 

なぜ格安住宅メーカーに騙されるのか?

 どの住宅メーカーにも倒産する可能性はあるわけですが、過去の例を見ても・・・どちらかと言えばローコスト住宅メーカーや急激に成長したハウスメーカーの方が破綻する可能性が高いように思えますね。

そういう意味では、週刊文春には「秀光ビルドはここ数年で急成長した」と書いてあったことに不安を感じずにはいられないですよね。

格安住宅メーカーには自己資本比率が低い会社が多いように思えるのも、倒産を心配させる一因ではありますけどね。

基本的には借金が多いと破綻するリスクが急増するわけですが、自己資本比率が高いほど借金が少ないと言えますので・・・

倒産する確率が低い住宅メーカーを選ぶ手段の1つとして自己資本比率を見てみると良いのではないでしょうか?

格安住宅メーカーの場合は回転が速くないと資金繰りが行き詰まることが多いので、今回のような不祥事があると危険な雰囲気になることは覚悟しておきましょう。 

秀光ビルドの倒産と破産まとめ

今回は、「秀光ビルドに倒産の可能性?欠陥住宅で破産したハウスメーカーはどうなる?」という事でしたが・・・ハウスメーカーの破綻の噂で多いのがタマホームですよね。

タマホームも秀光ビルドと同じようなローコスト住宅メーカーである急成長したことが倒産を心配される要因になっているのでしょうが、倒産する倒産すると言われながらも・・・まだ破産はしていないですよね(笑)

そういう意味では、住宅メーカーの倒産というのは実際に破綻してしまうまでは予想しにくいものであるということなんですね。

特に、巨大なグループ企業に属しているハウスメーカーの場合は親会社からの支援で倒産を免れることが多いですから予想しにくいですよね。

さてさて、週刊文春によって欠陥住宅が多いハウスメーカーであることがバレてしまった秀光ビルドですが・・・今後の業績が気になりますよね。

倒産するかどうかは、今後の売上げの推移に掛かっていると思われますね!